2024年4月5日 30日目

気温 16℃
コンポスト内 13℃
地中 13.5℃
湿度 45%
香り ふんわり香る程度



最初の生ごみを入れてから約1ヶ月が経過しました。
コンポストに入れたのは、生ごみ、土、米糠の3つです。
1週間に1回ないし、2回かき混ぜてきました。

一度、すべてをコンポストから出して、
一つ一つの状態を確認していきました。

◾️一つ目の確認がニオイです。
生ごみを扱う上で、最も重要なニオイ。
この1ヶ月の生ごみは玉ねぎの多く、
ハサミで細かくする際は、玉ねぎ臭がありました。
今回、すべてを出したときは
玉ねぎ臭はなく、やや腐敗臭がしております。
ただ、強烈なニオイかと言われれば、そうではなく
風下に立つと匂う感じで、
なんか臭いよねーという程度かと思います。
今後のニオイにも注意していきたいと思います。

◾️二つ目の確認が生ごみそれぞれの状態です。
全体的な印象としては、
それぞれの角が取れて、丸みを帯びてきている状態です。


上記の写真はレモンです。
丸みを帯びてきているので、分解はされていると思います。


上記の写真は玉ねぎの茎盤です。
丸みは帯びてるが、中々芯まで分解には時間を要しそうです。


上記の写真はジャガイモです。
こちらも玉ねぎの茎盤同様に丸みは出ているが、芯までは時間をかかりそうです。


上記は玉ねぎの皮です。
触るとボロボロとほぐれる感じがあるので、こちらは分解されていると思います。



今回の変化を受けて
・根菜については、もう少し細かくする
・玉ねぎの皮はほっておく
・土は極力入れない

この3点をスケキヨ2号には適用していこうと思います。

◾️三つ目の確認は生ごみから出る水分です。
このコンポストは底が少し浮いている状態で
水が溜まるようになっている構造です。

水分が多いと害虫を呼び込み可能性があるので
その対策をしなければならないので
とても気になっていました。

深さにして、約1センチほどの水が溜まっていました。
ニオイはやや強めの腐敗臭で、いわゆる生ごみのニオイです。

ただ、思っていた以上に少ないのと
今回のコンポスト内には虫らしき生物を発見できなかったので
一旦、対策はせずにこのまま継続していきたいと思います。

スケキヨ1号が土として成り立ちそうな予感も出てきたことと
暖かくなってきましたので、そろそろミミズの採取をと思い、
水分を含ませた土の上にレジャーシートを被せ、ミミズを呼び込みたいと思います。
週末は気温が上がるそうなので、次回が楽しみです。

関連記事

  1. 2024年3月6日 1日目

  2. 2024年5月13日 68日目

  3. 2024年3月22日 16日目

  4. 2024年4月27日 52日目

  5. 2024年4月15日 40日目

  6. 2024年3月27日 21日目

  7. 2024年3月29日 23日目

  8. 2024年3月15日 9日目

  9. 2024年5月24日 79日目