2024年4月22日 47日目


気温 19℃
コンポスト内  1号20℃ / 2号18℃
地中 20℃
湿度 70%
香り 1号:前回より薄まった腐敗臭 / 2号:薄まった玉ねぎ臭



スケキヨ1号について



今回、蓋を開けると表面に
白っぽいカビのようなモノが付着していました。
香りに関しても、
前回は生ゴミ臭が少しキツめにあったのですが
今回はまろやかになっていて、
やや薄まった感じがします。


スケキヨ1号には一番最初に土を加えました。
それが原因なのかは不明ですが、
生ゴミの周辺には土が付着しており
まだ形がわかるレモンの皮やじゃがいもも
土っぽくなっています。


前回、米糠を頂いた神戸・元町にある
『おむすび屋 ひとむすび』さんから
再度米糠を頂いて、今回も混ぜ混ぜしていきます。
おむすび屋 ひとむすびさんのお顔はコチラ
おむすび屋 ひとむすびさんの最新情報はコチラ

スケキヨ2号について



スケキヨ2号は、前回同様に
分解は進んでいないように見えました。
こちらは、土も入れずに生ゴミだけで
土を作る純粋培養的な感じでやっています。


今回新たに『屋根裏カリー306』さんから
提供された新鮮な生ゴミと2週間経過した生ゴミを比較すると
柔らかくはなっているし、色もややくすんできています。
少しずつではありますが、分解が進んでいると期待しています。
屋根裏カリー306さんのお顔はコチラ
屋根裏カリー306さんの最新情報はコチラ


スケキヨ2号にも
『おむすび屋 ひとむすび』さんで頂いた米糠を入れて
混ぜ混ぜして、蓋を閉じました。



その他について



ゴールデンウィーク明けには
スケキヨ1号の生ゴミを使って
作物を作っていきたいと考えています。

写真の右側には
・土
・米糠
・生ゴミ堆肥

写真の左側には
・土
・米糠
・牛糞堆肥

の土壌で作物を育てたいと考えているため
今回は米糠だけを土に混ぜ、
水をあげて、少し馴染ませました。

しかし、米糠が大助かりです、
『おむすび屋 ひとむすび』は自店舗で
お米を精米されているので、大量の米糠が出て
無料で配っているので、必要な方は是非に。

この日はややバタバタしていたので
チャッチャッとして、引き上げました。

関連記事

  1. 2024年4月15日 40日目

  2. 2024年5月24日 79日目

  3. 2024年3月22日 16日目

  4. 持続可能な社会へ向けて

  5. 2024年3月27日 21日目

  6. 2024年4月5日 30日目

  7. 2024年4月1日 26日目

  8. 2024年4月8日 33日目

  9. 2024年3月6日 1日目